浅草のタイマッサージLadybug・Asakusa(レディーバグアサクサ)

さわでぃかぁ〜〜

皆さま、おやすみ如何お過ごしですか?

お天気に恵まれて何よりです☆

 

今日は、タイの文化について。。。

昨日11/3は、タイのチェンマイではロイクラトン祭り(イーペン祭り)が行われました!

ロイクラトン祭りは、タイで毎年行われる灯篭流しの仏教行事です。
お祭りの時期には、ロウソクや線香、花などで美しく飾った灯篭を、川に流す人々の姿がタイ全国で見られます。夜空に輝く満月と、海や川にほんのり灯る光のラインが作り出す「灯篭流し」の光景は、まさにこの時期にしか見られないもの。ロイクロトンは、タイを象徴する代表的なお祭りなのです。

CCAロイクラトン

 

 

私は、インストラクターなのでチェンマイに行くと、先生と同じ黒Tシャツ着て指導補助してます☆

 

 

 

「ロイクラトン」の「ローイ」は「川に浮かべる」の意味、「クラトン」は「蓮の花を形どった灯篭」の意味だそう。

ロイクラトン

 

 

 

 

 

 

 

 

夜、みんなで一緒に川に流しに行くのです☆

ロイクラトンは灯篭を川に浮かべることで、川の恵みに感謝をし、精霊にお祈りをする意味が込められています。また同時に、自らに宿る穢れを綺麗に取り去り洗い流すことで、魂を清めるという意味もあるそうです。

ロイクラトン

 

 

生徒さんみんなで1個づつ作ります♡

スクール名に並べて見ました☆

 

 

 

同時に有名なのがコムローイ祭り!

コムローイ祭りは、陰暦12月の満月の夜(11月中旬ごろ)に毎年タイで開催される仏教のお祭りです。コムローイと呼ばれるランタン(熱気球)を夜空に放つイベントが有名でよく知られています。このランタンを一斉に空に打ち上げる様子は壮観で、息をのむほどの美しさ。あの有名なディズニーアニメ「塔の上のラプンツェル」のモデルになったことでも有名です。

コムローイ1

コムローイ祭りはランタンを夜空に放つことで、ブッタに感謝の気持ちを捧げる行事です。そして  全てのコムローイが空に打ち上げられた時、苦難も一緒に消え去ってくれると信じられているそうです。

コムローイ

 

 

 

満月の夜に放つコムローイは幻想的でした☆

 

 

 

 

 

 

「コムローイ祭り」と「ロイクラトン」の違いは何なの??

簡単に言うと、コムローイ祭りは天上の仏様に感謝を捧げる行事。

ロイクラトンは川に感謝の気持ちを捧げる行事。

ということが大きな違いです。

 

その感謝の表現手段が

コムローイ祭りだと「ランタン」

ロイクラトンだと「灯篭」になるのです☆

 

この時期、チェンマイのスクールでは観光を兼ねての生徒さんが多くなり、先生不足になります(~_~;)

今年もありがたいことにスクールの先生からラブコール♡

「ひさの来るでしょ?来て!」

「早くて2月かな〜〜」って答えたのに…勝手に来る程になってたらしく、事務局の先生から連絡来ました(笑)

来年は、絶対また行きます!

その前に4月の水かけ祭りに参戦したいと思ってます!

 

行きたいな〜〜って思う方は、お問合せ下さい☆

 

浅草のタイマッサージLadybug・Asakusa PAGETOP