浅草のタイマッサージLadybug・Asakusa(レディーバグアサクサ)

 

オーナーセラピスト みむら ひさの

都内短期大学・秘書科、都内専門学校・スチュワーデス科を卒業後、コンサルタント会社の秘書として勤務。みむらひさの

ニールズヤードレメディーズやアロマテラピースクール(広尾)にて本格的にアロマテラピーやアロマテラピーマッサージについて学ぶ。

秘書時代にマレーシア駐在し、ストレスや疲労で過食と拒食を繰り返し続け、摂食障害から心身のバランスを失い体調を崩し、癒しの世界に夢中になる。

リラクゼーションの素晴らしさと奥深い世界に魅了され、帰国後、本格的な知識と技術の習得を目指し転身を決意する。

痩身専門のエステティックサロン、アロマティックエステのデクレオール・パリ 銀座店、エステティックサロン ゲラン・パリ フェイシャル担当エステティシャンとして都ホテル東京(現、シェラトン都ホテル)・ホテルオオクラなど、都内一流ホテルスパ内にて従事する。

その後、タイ古式マッサージと出会い、タイ古式マッサージサロンにて勤務。

退職後、サロンインストラクターや出張セラピストとして活躍。

経歴2013年、独立を果たし、代官山・恵比寿にて2店舗サロンを運営する。

2016年、浅草 千束に移転し、自らが施術し、最も気持ちよく素晴らしいと思うメニューのみをそろえたサロンを運営する。

2017年、浅草 雷門に拠点を移し、技術力を高めリニューアルする。

自身が興味を持った一通りの技術を学び、行き着いたところが、タイ古式マッサージやタイの伝統療法、ハワイアンロミロミとリフレクソロジーとなり、それらを融合させたLadybug・Asakusa オリジナルメソッドを考案する。

保有技術(資格)

  • チェンマイ式・タイ古式マッサージ インストラクター(CCA)
  • タイ・リフレクソロジー インストラクター(CCA)
  • ベビーマッサージ インストラクター(CCA)
  • ルーシーダットン  インストラクター(CCA)
  • タイオイルマッサージ インストラクター(CCA)
  • タイホットストーン インストラクター(CCA)
  • トークセン(木槌伝統療法) インストラクター(CCA)
  • ソルトポットセルフケアセラピスト
  • アロマテラピーマッサージ
  • ハワイアンロミロミ
  • スウェディッシュマッサージ
  • フェイシャルマッサージ
  • 中国 上海 足裏マッサージ
  • 耳つぼジュエリー
  • ボディージュエリー

 

Ladybugスタッフ

MAKOTO

確実な技術力と癒しの持ち主

異次元の世界でマッサージされているようになります。

 

 

 

 

 

 

YAE

 

準備中

 

サポートスタッフ

 

指圧とリフレの魔術師

東睦美

東睦美

浅草の某サロンなどでの実績を積む凄腕セラピスト。

オーナー・Hisanoも太鼓判の指圧とリフレ。
安かろう悪かろうの指圧の時代に終止符を打つべく降臨した指圧とリフレの魔術師。

ぜひご予約ください!

 

超得意な施術
・指圧
・リフレクソロジー

 

CCAインストラクターチーム・アイラブぬあぼらーん

インストラクターチーム

超得意な施術
・チェンマイ式・タイ古式マッサージ(CCA)

ベーシックテクニック〜アドバンステクニックまで!

保有資格

・チェンマイ式・タイ古式マッサージ インストラクター(CCA)

 

 

メッセージ

タイマッサージなら私達にお任せ下さい!

チェンマイ・クラシックアート(CCA)・認定インストラクターのプロチームです!

 

 

ごあいさつ 

誕生~幼少期

私は、仮死状態の逆子で生まれ、両親や親族に生まれた時から心配をかけて来ました。
1年半後、妹が誕生し、家の前で遊んでいるとトラックの下敷きになりラジオで放送され、それを聞いていた父親が慌てて帰宅するなど、本当に天真爛漫な子供なのですが、波乱万丈な人生の幕開けを切ったのでした。

そんな私も保育園に入る頃には、健康優良児で表彰されるなど元気にスクスクと育ちました。

しかし小学生・中学生の頃には、いじめにあいました。
順番に回ってくるいじめだったり、主犯格の子が好きな男の子が、私に好意を持っていたという事で。。。。
いわゆる目立つ子を潰しにかかる、いじめです。

クラスの女子生徒全員やクラスメイト全員にシカトされた事も……
それがきっかっけで私は、友達の顔色を見て過ごす自分を押さえつけた生活が始まりました。

 

少女時代

_DSC5753子供ながらにストレスを抱え、顔が青ざめた毎日を送る事もありました。
反発から、髪の毛を金髪にしてスカートを長くしてみたりした事もあります。
そんな事しても何にもならずですが、担任の先生の手助けもあり、何気に勉強は出来る子だったので、私立の進学女子高校へ入学したのです。

やっと素晴らしい友達も出来て、楽しい高校生活を送っていたのですが、今度は、先生に目をつけられる事になります。
高校2年の始業式の日、ただ「海が好きで、週末は海に出かけます。海が、好きな人は一緒に行きましょう。」と自己紹介で言った言葉が、不良への始まりだと解釈されました。。。
そこからは、何をしても私の仕業とねつ造される事もしばしば・・・
又、塞ぎ込む生活が始まり、裏切りや色々な事が重なり、高校も2年終わりで退学する事となります。
中学の時には、入学を考えもしなかった都立高校に3年から編入し、母親は、大泣きでしたが、私は、自由を手に入れた!と清々しく通いだし、やっとストレスから解放されだしました。

 

ストレス社会の洗礼を受ける

CAを目指し、前向きに勉強も取り組み、東京外語専門学校のスチュワーデス科・短大の秘書科と卒業しましたが、世の中はバブル崩壊のあおりを受けて不景気に。。。
国内のエアラインは、採用見合わせという事で子供の頃からの夢が絶たれたように思える時期でした。
その後も外資系のエアラインを受験し続け、某外資系航空会社のファイナルまで到達するも海外の現地ベースの為、父親から猛烈な反対が。。。
まさかの反対で、私の夢は本当に断たれる事になるのでした。

その後、就職浪人をしながら、学生時代から行儀見習いで始めた芸妓のお仕事を続けつつ就職活動を続けました。

やっとコンサルタント会社の秘書として就職し、会社勤めをしても自分の中で何かピンとする事がなく、学生時代からアロマテラピーに興味を持っていたので、独学を始めてみました。
退職して他の道に進みたい・・・と両親に話しても父は、首を縦に振ってはくれませんでした。
自分のやりたい事を出来ず、世間体や生活の為に日々が流れていました。

 

念願の海外生活

その後、マレーシア駐在という話が舞い込み、親元を離れ、海外生活がしたかった私は、一も二もなく旅立ちました。
しかし初めての海外生活。旅行とは訳が違います。
言葉や文化の違いだけでなく、社内の様々なトラブルもあり、ストレスや疲労で体調を崩し、拒食・過食を繰り返しボロボロの身体になって行きました。。。

何で私だけ、望む世界が手に入らないの?
何でやっと順調に進みだしたのに邪魔が入るの?
何で努力が報われないの?
何で?何で??何で!!!!!

自分を責めてばかりいました。
しかも周りには、頼れる友人は一人だけ。でも仕事で留守が多く、誰にも相談できない。
このままでは、私はダメになる・・・と癒しの世界について本格的に勉強しようとアロマテラピーの本を読んだり、夢中になって行きました。
現地でもホテルのスパやマッサージなどに行き、リラクゼーションの素晴らしさと奥深い世界に魅了され、日本へ帰国。

 

帰国そして結婚

帰国後、退職を決意し、本格的な知識と技術の習得を目指しました。
その後、痩身ケアも行うアロマ化粧品ブランドや都内一流ホテル内のエステティックサロンでエステシャンとして勤務を開始します。
やっと念願の職業につけるのでした!!

ところが、不規則な生活のエステシャン。
その後、結婚をした私は旦那様のご家族から猛烈に反対をされました。
9~5時の仕事にしなさい。と・・・
仕方なく、派遣で定時の仕事に転職しました。
義父母が、私を可愛がってくれる気持ちはありがたいのですが、新婚夫婦の新居に来ては掃除をされたり、週末は、どちらかの家を訪問するというルールを提示されたりと。。。。
私の身体は、又してもストレスに侵されていきます。
今になれば、若かった私の我儘もあるのですが、決定打は、風邪を引いて旦那さんの実家へ行き、お酒を頂いたので眠ってしまった事が、姑の逆鱗に触れ大目玉をくらった事がきっかけで、鬱になって行きました。

又、自分を責めだしてしまったのです。

半年の別居生活を経て、離婚。。。

 

再びセラピストへ……

オーナーセラピスト自らが施術しばらくは、体調回復を見ながら派遣のお仕事を続けていました。
ですが、薬漬けの日々、一体いつになったら普通の生活が出来るのだろう。。。
不安に思えば思うほど、体調は悪化します。

そんな時、一度離れていたアロマテラピーに触れる時がありました。
霧が晴れる様に頭の中がクリアになっていきました。
そして又、癒しの世界に戻ろう。。。
私のこの半生の経験が、日々疲れを感じている人の癒しに役立つことが出来るかもしれない。。。

 

その後、タイ古式マッサージに出会い、トレーニングを重ね、セラピストとしてインストラクターとして活動する日々がやって来ました。

トレーニングは、厳しい!の一言でした。朝9時~夕方6時までレッスン。朝は、早くに登校し自主練習、夜は、居残りで練習。。。

全くオイルマッサージと違う身体の動きをして、施術するので、初めは自分が上手く動けないのです。

タイマッサージを始めたのは、37歳の時。脳も身体もオイルマッサージやフェイシャルを始めた20代と違い、なかなか機敏に動きません。もちろん、悔しくて泣きながらレッスンを受けた事もあります。私は、天才肌ではないので、一回で自分のものにする事が出来ません。

なので努力と負けん気でここまで来れたと思ってます。

絶対にクリアする!だってこんなに楽しい仕事はない!!と思っているので、断念する事はありませんでした。

今までこうしてセラピストとして活動するなかで、様々なお客様と出会い、身体に触れることで、技術もスピリットも経験を重ねていくことが出来ました。

2013年念願の独立。恵比寿と代官山のマンションでプライベートサロンを経営し始めました。
2016年 私自身が、本当に気持ち良く、身も心もキラキラすると自信を持って提供出来るセッションのみを扱うサロンを作りたい。。。との思いで、ホリスティックタイマッサージ

拠点を浅草・千束の地に移しました。

この土地は、歴史のある街。歓楽街と観光地と住宅地の丁度、狭間の落ち着く空間です。
一目で気に入り、移転を決めました。

そして1年後の2017年、浅草・雷門に移転。
お客さまの利便性とセキュリティー重視、プライベートサロンとしてのクオリティーが上がった空間です。

私は、タイ・チェンマイに年に1~3度は訪問し、現地の文化やテクニック、理論などを学び、日本に持ち帰り、”私が出来る事” として咀嚼し、セッションを行っております。

私が、波乱万丈と感じる生活もまだ甘い生活なのかもしれませんし、大変だねと思って下さるかもしれません。
人それぞれ、色々な人生があって生活しています。
そんな中でご縁のある皆さまには、何かを施すのではなく、寄り添うような施術を行うことを心掛けて、皆さんとの時間を共有したいと思っています。

 

ココにいる時だけでも自分の心と身体と向き合い、安らぎの時間を過ごして頂きたいと願っております。
そして愛の溢れる、輝ける空間でありたい。。。。
私の願いと信念です。

Always,
BE ONE!!

 

Ladybug・Asakusa

主宰 みむらひさの

浅草のタイマッサージLadybug・Asakusa PAGETOP