浅草のタイマッサージLadybug・Asakusa(レディーバグアサクサ)

サワディかぁ〜皆さまお元気ですか?

昨日からタイは新年です。
ソンクラーンという水掛祭りがスタートですして、夏真っ盛りに早々となります!

 

もぉ皆さんご存知のスギ花粉

私も被害者です。

 

しかし今年は、もっと恐ろしい奴が襲来してますね!!!

 

ヒノキめ〜〜〜〜〜!!!

 

毎年、このくらいには大分収束を迎え、私は楽になるのですが

3月末から、恐ろしいくらいに深夜の鼻詰まりと窒息で目が覚め。。。
講座中で鎌倉に滞在しており、お散歩を楽しんだのですが
夜中の苦しさったら・・・

講座の最中も窓際には行けない・・・

 

 

もぉ仕方ないですよね。。。
今年は、お薬に頼りました。

でも鼻の下、真っ赤っかとか嫌ですね、
痛いもんね。

お花のお鼻の犬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻のかみかたアドバイス〜〜〜
しちゃいますね!!

正しい鼻のかみ方

「正しい鼻のかみ方」とは、どのような方法なのか?ポイントは、次の5つです。ぜひ、ご自身の鼻のかみ方と比較してみてください。

  1. 反対側の鼻を押さえて、片方ずつかむ
  2. 鼻水を押し出すために、しっかり口から息を吸う
  3. ゆっくり、少しずつかむ
  4. 最後まで強くかみすぎない
  5. 鼻のまわりを傷付けないように、肌にやさしいティシューを使う

 

間違った鼻のかみ方と健康リスク

「間違った鼻のかみ方」は、どのような方法なのか?間違ったかみ方で、起こりうる健康リスクと一緒に、見ていきましょう。

    • 両方の鼻をいっしょにかむ

       

      左右の鼻を一度にかむと、細菌やウイルスが含まれている鼻汁が鼻の奥に追いこまれ、副鼻腔炎になることもあります。

    • 力まかせにかむ

       

      鼻の中が傷ついて鼻血が出たり、耳が痛くなることもあります。

    • 中途半端にかむ

       

      鼻汁が残ると、その中で細菌やウイルスが増えてしまいます。

    • 鼻をほる

       

      鼻くそを無理に指やティシューでかき出すと、粘膜を傷つけて鼻血が出たり、傷から細菌が入って感染してしまうことがあります。

    • 鼻をすする

       

      鼻汁をすすると、細菌やウイルスが含まれている鼻汁が鼻の奥に入ってしまったり、耳にまで達して中耳炎の原因になることもあります。

※参照エリエール

 

意外と鼻をかむのにも気をつかうと違がう模様です。

両方の鼻を一緒にかむのは難しそうだけど・・・・w

 

 

LadybugのLINE@がLINE承認アカウントになりました☆
登録してね♡

 

LINE@限定クーポン配信中!!
登録してスタンプ送るといいことがあるらしい・・・

@ladybug.asakusaで検索もOKです!

友だち追加

Facebookページは、こちら♡

 
浅草のタイマッサージLadybug・Asakusa PAGETOP